多摩エリアの注文住宅は多摩工務店へご相談ください

お問い合わせ

施工事例

新築住宅

大黒柱が家族を見守る癒しの住まい。サイディングを採用し、こだわりの家づくりを実現しました。

室内に設けられた大黒柱が、大変特徴的な家です。大黒柱に対して、床から天井まである引き戸を3方向に設置。引き戸を閉めるとプライバシーが保護され、冷暖房効果もアップします。引き戸を開ければ廊下、ホールまでがリビングと一体になり、開放感のある空間をつくる事ができます。リビングの掃出しの窓には、そのまま段差なく外に出れるようにウッドデッキを設置しました。また、こちらの住宅では外壁にサイディングを採用しております。 サイディングの大きな特徴は、部分的に柄や色を変えることができるため、外壁にアクセントがつけやすいこと。お客様の好みを十分取り入れた、こだわりの家づくりを実現しました。

新築住宅(パワーボード)

断熱性・防災性に優れたパワーボード(ALC)を採用。安心・安全な住まいづくりがこの家のテーマのひとつです。

こちらの住宅は外壁に旭化成パワーボードを使用して施工させて頂きました。 パワーボード(ALC)とは、高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートを素材とした優れた外壁材です。 断熱性や防火性がとても高く、経年変化にも強いため張り替えの必要がないと言われています。 (ただし、シーリングや塗装は必要です)
また、コンクリートでありながら水に浮くほど軽量であるため、地震等の災害時における建物の負担を軽減してくれます。 さらに構造体の変形をパワーボードの間の目地(材料と材料のつなぎ目)で吸収する取り付け構造となっているため、外壁のひび割れもおきにくいのが特徴です。

新築住宅(デラクリート)

木材の素材感が活きる、やすらぎの家。和室を取り入れ落ち着きのある空間を演出しました。

こちらの住宅には木材の素材感を随所に残し、住まう方にやすらぎを感じていただける家にいたしました。和室を一室取り入れることで、より温かみのある落ち着いた住空間となっています。外にはウッドデッキを設置し、家族が楽しめる空間を演出。素材には「イぺ」と呼ばれるブラジル産の木材を使用し、強度を重視しました。 また、外壁には防火性・耐水性・耐久性に優れてたデラクリートと呼ばれるガラス繊維ネットを埋め込み、補強したセメント系ボードを使用。玄関まわりにはタイルを、それ以外は塗り物で仕上げ、 目地(材料と材料のつなぎ目)が残らないようにすることで、外観がよりすっきりとした

新築住宅

明るく開放感のある白亜の邸宅。お客様の希望を取り入れた、こだわりの家が完成しました。

こちらの住宅は、“白”にこだわりたいというお客様のご要望に合わせて、設計・建築させて頂きました。壁・天井・廊下・建具等、すべてに白を基調としたデザインを採用することで、外壁はもちろん、お部屋や廊下までとても明るく清潔感溢れる印象に仕上がりました。また白を使う事によって開放感が生まれ、それぞれの空間がより広く感じられます。その他、大きな吹き抜け空間や太陽光によるオール電化を採用するなど、お客様のご希望を随所に取り入れた住宅が完成しました。

このページの先頭へ